FFmpegのインストール(WSL環境)

  • 2020.05.11 Monday
  • 13:35

●MPEGとの相互変換ソフト:FFmpeg

 次に動画の非圧縮ファイルで手に入れるため、ffmpegというフリーのソフトウェアをインストールします。ffmpegは、フリーのソフトでありながら、

・動画や音声のコンバート(数多くの形式に対応している。)

・動画や音声の合成や抽出

・コマンドラインインターフェース(CUI)のため、バッチ処理などで利用できるなどの特徴を備えており、動画や音声を加工する際に、非常に便利なツールです。

 なぜ便利かと言うと、画像処理アルゴリズムは非圧縮フォーマットで処理を行うのが基本なのですが、このffmpegは下図のようにMPEGなどの圧縮動画フォーマットをコマンドラインで非圧縮フォーマットへのデコードと、また非圧縮フォーマットからエンコードしてMPEGに変換が出来るのです。後に説明するスクリプトを組むことによって、処理の重たい動画の画像処理をコンピューター任せに自動的に処理することが出来、とても便利です。

 

 

ステップ1:FFmpegのインストール

 ffmpegUbuntuaptを使って簡単にインストール出来ます。

 Ubuntuのコンソールを開いて、ffmpegがインストールされているか確認し、インストールされていないようならインストールします。

$ ffmpeg

 

Command 'ffmpeg' not found, but can be installed with:

 

sudo apt install ffmpeg

 

$sudo apt install ffmpeg

 “[sudo] <ユーザー名> のパスワード:”のようにパスワードを要求してくるときはパスワードを入力し、続行しますか? [Y/n]”と聞かれたら“y” 続けます。

 

ステップ2:FFmpegによるMPEGデコード

 早速、ffmpegを使ってみます。MPEGの動画ファイルを用意してください。例ではGoPro Hero4.MP4ファイルを1秒間だけ.ppmの連番ファイルに変換する例を示しています。今回使ったオプションは、

-i            入力ファイル指定

-ss         静止画に変換したい、動画の再生開始位置(秒)

-t            静止画に変換したい、動画の長さ(秒)

%05dは連番ファイルの指定です。

1.まずは、MP4のファイルを用意していただき、workという名前のworkディレクトリーを作って、中に入れて置いてください。

2.Ubuntuのコンソールからffmpegを実行します。

$ cd work

 

$ ffmpeg -i GOPR0106.MP4 -ss 8 -t 1 GOPR0106.%05d.ppm

例では8秒目から1秒間(60枚)のPPMフォーマットで静止画の連番ファイルに変換しています。

オプションなどの詳しい使い方については、WikipediaFFmpegなどを参考にしてみてください。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM